1. 着物作家:田島比呂子について
このエントリーをはてなブックマークに追加

着物作家【田島比呂子】について紹介します

着物作家:田島比呂子
着物作家:田島比呂子の概要
着物の種類 友禅染
出征 1922年~2014年
出身地 東京都
重要無形文化財認定年 1999年(平成11年)

着物作家田島比呂子に関する詳細情報

田島比呂子(たじま ひろし)は重要無形文化財「友禅」の保持者で、中でも生き生きとした現代的な図柄の作品で広く知られています。 友禅の中でも特に"堰出し"の友禅を得意としており、通常の友禅と比べはっきりとした線で立体感に富んでいることが特徴で、写実の生き生きとした魅力を最大限に写すことが出来る技法です。 その技法に、色合いに奥行きを持たせることのできる「うたせ糊」などの技法を重ね、伝統的な友禅の着物を現代に沿った芸術作品に仕立て上げました。

田島比呂子は僅か14歳のとき、当時一流の模様師として名をはせていた高村樵耕・柳治親子に師事し、下絵を中心として友禅の技法を学んでいきました。 田島比呂子氏は元々「あまり絵はうまくなかった」と申されており、そのため人の何倍も努力しなければと、ひたすらに写し絵を行っていたそうです。 20代から30代にかけては大戦による徴兵、そして結核による療養生活と、なかなか着物と向き合うことの出来る情勢ではありませんでしたが、それでも少しの時間が生まれる度にわら半紙へと絵を描き続けていました。

友禅着物の作家として独立したのは昭和29年のことで、田島比呂子が32歳のときになります。 1959年の日本伝統工芸展で入選したことを皮切りに、様々な名誉ある賞の数々を受賞し、1986年には日本工芸会の理事に就任しています。 ですが現状に留まることなく、その後も友禅着物で人間国宝認定を受けている中村勝馬師に指導を受ける等、現代的な新しい着物作品を数々手掛けていきました。 人間国宝に認定されたのは平成11年のこと、その高い技術と、伝統品としての印象が強かった友禅着物に現代的なスタイルを織り交ぜ、独自の世界観を構築したことが高く評価されました。

田島比呂子氏は、友禅の下絵から糊落としまでの工程を全て一人で担っており、友禅とひたむきに向き合った厳しい体制を生涯貫いておられました。 2014年にお亡くなりになってしまいましたが、その3年前まで制作活動に励んでおり、1年間に最低でも1作品は作られていたそうです。

田島比呂子の着物の買取についてですが、まず田島比呂子の作品に限らず、新品の着物と中古の着物とでは価値が大幅に違ってきます。 中古着物であれば新品よりもだいぶ手頃に入手できるようになり、田島比呂子の作品であれば価値は大体1~6万円程の範囲に収まるケースが多いようです。 買取価格となると大体数万円の範囲に収まるかとは思いますが、有名かつ非常に人気のある作家さんですので、複数の着物買取業者にて相見積もりを取ったり、買取価格を交渉する価値は十二分にあるかと思います。

田島比呂子の着物買取をお考えなら

田島比呂子の着物の買取価格は着物買取業者の選び方次第で大きく異なります。ブランド品と異なり、オーダーメイド・一点物が基本な着物は【贅沢品】と呼ばれている事から、例えば100万円で購入しても、買取となると業者によっては1万円を切る買取価格を提示されることも往々にしてありえます。


田島比呂子のような作家の着物はもちろんの事、加賀友禅といった有名な技法を用いた着物など過去に高い金額で購入した着物を極力高く売る為には、着物を専門的に鑑定できる査定員が在籍している業者や着物の販売経路を多く持つ着物買取業者に依頼することは必須条件だといえます。


本サイトではより高く着物を売るために、複数の着物買取業者で相見積もりを依頼する事をおすすめしており、少しでも高く着物を売れるようにおすすめの着物買取業者も紹介していますので、田島比呂子の作品をはじめとした着物の買取をお考えであればそちらも是非参考にしてください。

ページのトップへ