1. 着物作家:木村雨山について
このエントリーをはてなブックマークに追加

着物作家【木村雨山】について紹介します

着物作家:木村雨山
着物作家:木村雨山の概要
着物の種類 友禅染
出征 1891年~1977年
出身地 石川県
重要無形文化財認定年 1955年(昭和30年)

着物作家木村雨山に関する詳細情報

木村雨山(きむら うざん)とは、大正時代から昭和にかけて活躍した加賀友禅の着物作家で、伝統的な着物に独自の現代的なスタイルを織り交ぜた図柄で人気を博しました。 伝統的な加賀友禅の様式の中に日本画の技法も取り入れた独自の作風が特徴で、写実を軸とした加賀友禅を更にみずみずしく、魅力的な着物へと昇華させた人物として知られています。

木村雨山の着物は芸術的観点からも、そして文化的観点から見ても非常に価値が高く、着物買取においても非常に高い買取価格がつくケースが多々あります。 もし贋作でなく、本物の木村雨山作の着物であれば、中には買取価格が100万円以上にもなるような極めて高い価値を持っているものもあります。 ですが木村雨山氏の活動年から鑑みるに、残っている着物はかなり古いものになってしまっている可能性が高く、状態があまり良くないために高価買取には至らないケースも数点あります。
木村雨山の着物であれば大体5万円前後の買取価格は期待したいところですが、贋作や木村雨山の作風を模倣したような着物も多くありますので、買取の際は状態の良し悪しにかかわらず、査定実績が豊富にあり、しっかりした鑑定眼を持つ着物買取業者に依頼することをおすすめしています。

木村雨山は工業補習学校の自在画図案科で学ぶ傍ら、同じく石川県出身で加賀友禅作家の和田雲嶂(上村松太郎)に師事し、友禅染の基本的な技法を習得します。 卒業後には大西金陽に日本画を学び、大正13年に号を「雨山」とし独立、その後昭和9年には第15回帝展で特選を勝ち取っています。 号の「雨山」の由来ですが、これはかつて師事した"雲嶂"の漢字の一部を取って付けたものだと言われています。

木村雨山は一流の職人として独立した後も「自身の作品がどの程度であるのか、常に世に対して問うべき」とされ、数々の展覧会に積極的に出品されていました。 友禅着物に対する真摯な取り組みと、自然美を重んじた美しい作品の数々が高く評価され、昭和30年に重要無形文化財「友禅」の保持者に認定されました。

木村雨山の着物買取をお考えなら

木村雨山の着物の買取価格は着物買取業者の選び方次第で大きく異なります。ブランド品と異なり、オーダーメイド・一点物が基本な着物は【贅沢品】と呼ばれている事から、例えば100万円で購入しても、買取となると業者によっては1万円を切る買取価格を提示されることも往々にしてありえます。


木村雨山のような作家の着物はもちろんの事、加賀友禅といった有名な技法を用いた着物など過去に高い金額で購入した着物を極力高く売る為には、着物を専門的に鑑定できる査定員が在籍している業者や着物の販売経路を多く持つ着物買取業者に依頼することは必須条件だといえます。


本サイトではより高く着物を売るために、複数の着物買取業者で相見積もりを依頼する事をおすすめしており、少しでも高く着物を売れるようにおすすめの着物買取業者も紹介していますので、木村雨山の作品をはじめとした着物の買取をお考えであればそちらも是非参考にしてください。

ページのトップへ