1. 着物作家:千葉あやのについて
このエントリーをはてなブックマークに追加

着物作家【千葉あやの】について紹介します

着物作家:千葉あやの
着物作家:千葉あやのの概要
着物の種類 正藍染
出征 1889年~1980年
出身地 宮城県
重要無形文化財認定年 1955年(昭和30年)

着物作家千葉あやのに関する詳細情報

千葉あやの(ちば あやの)とは「正藍染」の人間国宝の着物作家で、作品は全て手作業にて作られ、素朴で優しい風合いに満ちています。 "正藍染"とは自然の温度で発酵させた藍の暖かみある色彩が特徴の草木染めのことで、日本最古の染色技法とも言われています。

幼い頃より機織りの技術に定評があった千葉あやの氏は、結婚を機に姑より藍染めの技法を習い、昭和30年には貴重な技術の伝承者として無形文化財「正藍染」の保持者に指定されました。
正藍染の着物を作るにはまず藍・麻の種まきから行わなければならず、その後も栽培や機織りまで一通りの製作工程を全て自家で賄う必要があるのです。 現在も藍染めの人間国宝は千葉あやの氏ひとりのみに留まっており、一貫した自家での生産体制と幅広い技術力は高い評価を受けています。 千葉あやの氏の貴重な技術は娘である千葉よしのさん、そして孫にあたる千葉まつ江さんが受け継ぎ、現在もまつ江さんが正藍染の着物を作られておいでです。

「正藍染」は自然のままの発酵で作られる着物ですので、染めが行われる期間は一年のうちの極僅かです。 そのため大量の着物作品を作ることが出来ず、千葉あやの作の着物は極めて希少性が高い品としても知られています。 ベテランの着物販売員であっても10年に2~3度見るか見ないかの流通具合で、中古着物であってもなかなか市場に出てきません。 ですので"買取価格はまさに時価"というところがあり、さらに着物の状態や技法によっても価値は大きく変わってきます。 あくまで価値に基づいた記述ですので断定はできませんが、千葉あやの作の着物は希少価値が高いことから、帯で大体数万円、状態の良い着物であれば買取価格は5~10万円以上は期待したいところです。

千葉あやのの着物買取をお考えなら

千葉あやのの着物の買取価格は着物買取業者の選び方次第で大きく異なります。ブランド品と異なり、オーダーメイド・一点物が基本な着物は【贅沢品】と呼ばれている事から、例えば100万円で購入しても、買取となると業者によっては1万円を切る買取価格を提示されることも往々にしてありえます。


千葉あやののような作家の着物はもちろんの事、加賀友禅といった有名な技法を用いた着物など過去に高い金額で購入した着物を極力高く売る為には、着物を専門的に鑑定できる査定員が在籍している業者や着物の販売経路を多く持つ着物買取業者に依頼することは必須条件だといえます。


本サイトではより高く着物を売るために、複数の着物買取業者で相見積もりを依頼する事をおすすめしており、少しでも高く着物を売れるようにおすすめの着物買取業者も紹介していますので、千葉あやのの作品をはじめとした着物の買取をお考えであればそちらも是非参考にしてください。

ページのトップへ