1. 京友禅について
このエントリーをはてなブックマークに追加

京友禅の買取価格と詳細

京友禅

京友禅とは京都を発祥とする友禅染のことで、多彩な色を用いた美しい配色を特徴とします。 金彩や刺繍などのこれまでの技術も積極的に用いた友禅で、数ある友禅の中でも華やかで、まるで美しい絵画のような印象をもたらします。

かつての京都では宮崎友禅斎が描く扇絵が非常に人気で、この絵を着物に用いたのが京友禅の始まりだと言われています。 京友禅に絵を描く技法を考案したのも宮崎友禅斎で、彼は晩年に加賀へ移り住み友禅を伝えたのが「加賀友禅」になりました。 これまでの刺繍や金箔などの技術を取り入れつつも、まるで着物が絵画になったかのような自由な表現を生み出し、その着物は考案者の名前から「友禅染め」と呼ばれるようになり、これが友禅の発祥となりました。

本格的で立派な京友禅となると全てが手描きで、完成までには26もの工程を経なければならず、非常に手間のかかるものとなります。そのため現在作られている京友禅は捺染、もしくは型染のものが主流で、手描き友禅はなかなか作られていません。 今は京友禅の模様をプリントで再現した「京友禅風」の着物も多く販売されているなど、価値のある京友禅を見分けるのはなかなか難しくなっています。

京友禅の価値は、上記で挙げた染色方法の違いや仕立てのサイズ、京友禅の状態によっても大幅に上下しますが、価値の高い手描き友禅ともなると5~10万円の買取価格がつくこともあります。 特に友禅で有名な作家「羽田登喜男」や「藤井寛」の手描き友禅ならばこれ以上の価値を持っている可能性が高く、取引事例は大体30万円以上、中には訪問着が一枚辺り60万円以上で取引されたという事例もあります。

京友禅をより高く売る方法

着物買取業者

京友禅の着物の買取価格は「どの着物買取業者に依頼するか」によって買取価格・価値は大きく変動します。その為、本サイトではより高く京友禅の着物を売るために、複数の着物買取業者で相見積もりを依頼する事をおすすめしています。


ですが、「着物買取業者」と一言に言えど、着物買取業者はかなりの数が存在しますので、どこで相見積もりを取るかも悩まれるかと思います。その為、本サイトでは「おすすめの着物買取業者」に関しても比較ランキング形式で紹介していますので、これから京友禅買取をお考えの方は是非参考にしてください!

ページのトップへ