友禅の価値と概要、おすすめ買取業者を紹介します!
  1. 友禅の価値と買取価格一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

友禅の価値と買取価格、定義って?

友禅の定義とは?

友禅とは扇絵師「宮崎友禅斎」の名から由来する友禅染という染織技法が使用された着物全般の事を指します。その為、形状はどうであれ友禅染の技法が使用されているとその着物は友禅と呼ばれ、決して「反物」「振袖」のような「特定の形状の着物=友禅」というわけではありません


そして、友禅染という技法は地域によって「京友禅」や「加賀友禅」のように独自の発展を遂げている事もあり、友禅の中でも技法によって着物の買取価格や価値は異なりますので、友禅について一覧で買取価格や価値について紹介していきます。

友禅の価値を簡単に知る方法

友禅の相見積もりは大切です

このページでは友禅の買取価格や種類を一覧リスト形式でご紹介していますが、素人では手持ちの友禅の種類を判別する事も難しく、あくまでも友禅の目安の価値と買取価格をご紹介しています。そして、友禅の種類は膨大ですのですべての友禅の買取価格や価値の目安を説明することも困難ですので、先に【友禅の価値を正確に知る簡単な方法】をご紹介します。


ここで紹介する方法ならば、友禅について全くの無知でも正確な友禅の価値・買取価格を知る事ができます!


その方法は着物買取業者にメール査定を依頼するだけです。


シンプルな方法ですが、この方法は非常に合理的な方法です。友禅といった着物関連商品でも写真を送れば専門家に友禅を査定してもらえます。


特に、価値が高い事を知っている友禅をお持ちであれば、一度メール査定にて相見積もりをしてもらう事をおすすめします。友禅の買取価格は業者の在庫状況や販路に影響されますので友禅の種類(作家物等)によって最も高く友禅を買取してくれる業者も異なるからです

また、メール査定なら査定のみで友禅の買取を簡単に断ることができるのもおすすめな点ですね♪

友禅をメール査定してもらうのにお勧めの着物買取業者は次のページを参考にしてください!

友禅の価値について(友禅一覧)

では、友禅の価値や買取価格、概要について一覧で説明していきます。

このページで説明する友禅の一覧は次の通りです。

※下記の友禅の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

価値の高い友禅染一覧

※このページで説明している友禅の価値はあくまでも買取価格の指標の一つであり、状態や証紙の有無等で価格は上下します。

友禅の価値と買取価格を紹介

京友禅の価値と買取価格

京友禅
生産地:京都
友禅備考欄:手描京友禅
買取における価値:非常に高い
京友禅とは京都発祥の染色方法で、元禄時代に宮崎友禅斎が考案したことから友禅染と呼ばれることもあります。特に手描き友禅は価値が高い傾向にありますが、非常に多くの工程を踏まなければならないために現在は型染め友禅や捺染で染色した京友禅が多くなっています。価値もピンからキリまでですが、こちらの京友禅は手描きのため買取価格は10万円は期待したいところです。

加賀友禅の価値と買取価格

加賀友禅
生産地:石川県
友禅備考欄:寺西英樹作
買取における価値:非常に高い
加賀友禅は京友禅の考案者である宮崎友禅斎が、晩年を加賀で過ごすにあたり友禅の技法を持ち込み、京友禅とは少し違った装飾にて確立した作品のことを言います。京友禅と比較すると花の葉に「虫喰い」といった装飾があること等、自然の姿を京友禅よりも忠実に描いていることが1つの特徴です。加賀友禅の買取価格はピンキリですが、8万円からは期待したいところです。

東京友禅の価値と買取価格

東京友禅
生産地:東京
友禅備考欄:手描き糸目友禅
買取における価値:非常に高い
東京友禅とは東京で作られる手描き糸目友禅で、他の友禅と比べて色数が少なく江戸好みに制作されていることが特徴です。落ち着きの中にも都会的な感性が宿り、粋な図柄が多いです。色柄こそ京友禅や加賀友禅とは違うものの、製造の技法にあたってはそれほど他の友禅と差はありません。作家や作りにより買取価格は上下しますが、大体1万円前後からは期待したいところです。

作家物友禅の価値と買取価格

作家物友禅
生産地:作家による
友禅備考欄:由水十久(初代)作
買取における価値:非常に高い
数ある友禅の中でも特に高値で買取されるものが「作家物」の友禅で、作家の腕や人気によっても価格には差が生まれます。例えば加賀友禅の代表作家である「由水十久(初代)」であれば非常に有名で、特に人物画を好んで描いたため、今でも由水十久の人物画の友禅は人気が高いです。状態によっても買取価格は上下しますが、買取価格は10万円からは期待したいところです。

10月のおすすめ業者!

おすすめ着物買取業者スピード買取.JP
ページのトップへ