1. 米沢紬について
このエントリーをはてなブックマークに追加

米沢紬の買取価格と詳細

米沢紬

山形県の米沢盆地辺りで生産されていた紬は、その名前を冠して「米沢紬」と呼ばれています。

米沢紬には沢山の呼び名があり、例えばその佇まいが琉球紬に似ていることから「米琉紬」とも、また集散地にちなんで「長井紬」と呼ばれることもあります。 同じく山形県が名産地の着物である白鷹紬と合せて「置賜紬」と呼ぶこともあり、山形県では数々の紬や着物の名産地であることが窺えます。 例えば大島紬や結城紬など、他の紬は作り方が1種類に固定されているものが多いですが、山形県で作られる紬には紅花紬や米琉紬など様々な種類があり、それらの総称として「米沢紬」または「米沢織」が用いられることもあります。 山形県は自然豊かな土地で、自然界に存在する染料の多くがあり、伴って数々の美しい着物や紬が生まれていったのです。
紬の生産には多大な時間と手間が掛かりますので、丁寧に織り上げた紬との別れを惜しむ米沢の女性の姿から「米沢の女は紬を抱いて寝る」という名言も生まれたほどです。

米沢紬の歴史は古く、江戸時代中期の大名であった上杉治憲が紬の生産を奨励したことから始まります。上杉治憲は出羽国米沢藩の9代藩主であり、行財政の再建の一環として紬を薦めました。 武家の女性に織物や着物の作り方を広め、また紬の地として有名だった新潟県から技術者を連れてきて指導に当たらせました。 また山形県は養蚕の地としても盛んで、品質の高い絹織物の産地として広まることとなったのです。

前述したように、ひとくちに米沢紬といっても様々な種類があるため価値の定義は難しいのですが、買取価格は大体5000円から2万円は期待したいところです。 特に有名な作家物の米沢紬であれば価値は高くなり、例えば米沢紬作家として有名な「新田秀行」の着物であれば、1枚辺り5万円以上で取引された事例もあります。 ですが米沢紬といっても種類は多岐に渡るため価値はそれぞれで異なってきますので、買取価格にもかなりのバラつきが生まれます。

米沢紬をより高く売る方法

着物買取業者

米沢紬の着物の買取価格は「どの着物買取業者に依頼するか」によって買取価格・価値は大きく変動します。その為、本サイトではより高く米沢紬の着物を売るために、複数の着物買取業者で相見積もりを依頼する事をおすすめしています。


ですが、「着物買取業者」と一言に言えど、着物買取業者はかなりの数が存在しますので、どこで相見積もりを取るかも悩まれるかと思います。その為、本サイトでは「おすすめの着物買取業者」に関しても比較ランキング形式で紹介していますので、これから米沢紬買取をお考えの方は是非参考にしてください!

ページのトップへ