1. 牛首紬について
このエントリーをはてなブックマークに追加

牛首紬の買取価格と詳細

牛首紬

牛首紬とは石川県で生産されている紬で、織りあがるまでの非常に手の込んだ技術は石川県の無形文化財にも指定されています。

牛首紬とは二頭の蚕が作り出した玉繭を用いて作られる紬ですが、玉繭は繭自体が複雑に絡み合っているため、そもそも糸にするのは非常に難しいのです。 そんな玉繭を丁寧に解いて作り出されるのが「牛首紬」で、通常の絹糸は経糸に、玉繭からの糸を緯糸に用いて織りだされています。玉繭を解く工程で、どうしても絡まりが解けなかった箇所はそのまま節となり、この節が牛首紬の特徴として知られています。

牛首紬の名称は、生産されていた石川県の白山市白峰がかつて"牛首村"と呼ばれており、その名を冠して「牛首紬」と呼ばれるようになりました。 牛首村は古くから蚕の養殖が盛んな地で、良い立派な繭は糸などにして出荷しますが、村に残った玉繭を無駄にしてしまわない為に生まれたのが牛首紬だと言われています。 牛首紬は別名「釘抜き紬」とも呼ばれていますが、その生地が釘を引き抜ける程に強く、丈夫なことから由来しています。

牛首紬は紬の中でも珍しく、先染めの紬だけではなく後染めを施した「牛首紬の訪問着」なども盛んに作られています。(牛首紬以外にも、例えば大島紬などの訪問着も存在します) 元々は先染めの牛首紬がメジャーでしたが、昭和に京友禅で染めた牛首紬が大流行し、それから後染めの牛首紬も作られるようになりました。

牛首紬の価値は物や色柄、製造過程によっても大幅に違ってくるため一概にはいえませんが、高級な牛首紬であれば4~8万円程度の買取価格は期待したいところです。 特に有名な牛首紬の織元「加藤改石(改石牛首紬)」や「白山工房」などが手掛けた逸品の牛首紬であれば、一枚辺り20万円以上で取引された事例もあるなど、かなり価値が高くなっています。 牛首紬の職人がだんだん数少なくなり、現在は機械織の牛首紬も多く出回っています。 昔は作家物の京友禅牛首紬なども数多くあったのですが、現在は牛首紬自体がかなり希少であり、作家物の牛首紬はなかなか市場に出ることがありません。

牛首紬をより高く売る方法

着物買取業者

牛首紬の着物の買取価格は「どの着物買取業者に依頼するか」によって買取価格・価値は大きく変動します。その為、本サイトではより高く牛首紬の着物を売るために、複数の着物買取業者で相見積もりを依頼する事をおすすめしています。


ですが、「着物買取業者」と一言に言えど、着物買取業者はかなりの数が存在しますので、どこで相見積もりを取るかも悩まれるかと思います。その為、本サイトでは「おすすめの着物買取業者」に関しても比較ランキング形式で紹介していますので、これから牛首紬買取をお考えの方は是非参考にしてください!

ページのトップへ