1. 琉球紬について
このエントリーをはてなブックマークに追加

琉球紬の買取価格と詳細

琉球紬

琉球紬とは、沖縄県で作られる紬の総称として用いられることが多いです。
かつては琉球紬といえば、紬のページでもご紹介している久米島産の「久米島紬」のことを指しましたが、現在では久米島紬の他にも首里紬や、南風原で生産される琉球紬も含めたものを指すようです。 それぞれの産地の組合で行われる審査に合格し証紙付きで流通しているものが大半ですが、中には製作者や織り手直々が流通させているものもあり、価値の幅も非常に広くなっています。

琉球紬の歴史ですが、沖縄県には豊富な植物が自生しており、様々な草木染が発展し沢山の織物が作られてきました。 木綿織りにて作られる「琉球絣」など沢山の種類があり、特に琉球絣は日本の絣織物のルーツだともいわれている程に長い歴史を持っています。 琉球絣などの沖縄ならではの紬のデザインは、琉球王国時代から伝わる御絵図帳模様を基に作られているため、本州で作られる紬とは異なる印象のものになり、着物好きな方から見ればすぐに分かるほどに特徴的です。

沖縄県で作られる織物は様々あり、その中の紬の総称として「琉球紬」の名称が用いられていると前述しましたが、その中でも特に知名度が高いのは「久米島紬」です。 特に作家物であれば高い買取価格がつく傾向にあり、状態の良いもので大体3~4万円程、著名な作家物であれば10万円を超える価格で取引された事例もあるほどです。 ですがその他の琉球紬であればそこまで価値が伸びないことも多く、売るのであれば大体5000円からは期待したいところです。
証紙の有無によって買取価格も上下しますが、琉球紬は織り手が自己流通させたものも多く「証紙はないけれど逸品」といえるものが多く存在しています。 そのため着物買取における買取価格は一概には定め辛く、その着物買取業者や査定員によって大幅に変わってくる可能性が高いです。

琉球紬をより高く売る方法

着物買取業者

琉球紬の着物の買取価格は「どの着物買取業者に依頼するか」によって買取価格・価値は大きく変動します。その為、本サイトではより高く琉球紬の着物を売るために、複数の着物買取業者で相見積もりを依頼する事をおすすめしています。


ですが、「着物買取業者」と一言に言えど、着物買取業者はかなりの数が存在しますので、どこで相見積もりを取るかも悩まれるかと思います。その為、本サイトでは「おすすめの着物買取業者」に関しても比較ランキング形式で紹介していますので、これから琉球紬買取をお考えの方は是非参考にしてください!

ページのトップへ