1. 伊那紬について
このエントリーをはてなブックマークに追加

伊那紬の買取価格と詳細

伊那紬

伊那紬とは長野県で生産されている紬で、長野の中でも特に伊那地方周辺で作られていたことから「伊那」紬と呼ばれています。 高機を用いて丁寧に織られており、例えば地機(いざり機)を使った結城紬などのハリが強い紬とはまた異なる風合いを持っています。

長野県に流れる天竜川の周辺は養蚕に非常に向いており、昔は信州は蚕と絹の国だと言われていたこともあったそうです。 さらに長野県では養蚕だけでなく、草木染の原料となる植物が豊富に自生しており、着物や織物に様々な色合いを出すことが出来ました。 完成した紬や着物、織物などは京都や名古屋などの都で愛され、長野県は織物の一大産地となっていたのです。 様々な県へと織物を出荷する中で、商品として糸を紡げないような繭で日常用の着物を織り、これが信州紬や伊那紬のルーツとなりました。

長野県には伊那紬の他にも様々な紬が作られており、上田紬や飯田紬、松本紬などの他の長野県産の紬と併せた総称として「信州紬」と呼ばれることもあります。 かつての長野県では紬の生産が盛んで数多くの伊那紬が織られていましたが、現在は織り手や工房が非常に少なくなっており、伊那紬を作っているのは駒ヶ根市に工房を構える「久保田織染」工業のみとなっています。

伊那紬の買取は、質が良く最上級のものであれば大体2~3万円の買取価格は期待したいところですが、伊那紬に限らず紬や着物の価値は本当にピンからキリまでで、その紬の状態や作家はもちろん、査定する人や業者によっても変わってきます。

伊那紬をより高く売る方法

着物買取業者

伊那紬の着物の買取価格は「どの着物買取業者に依頼するか」によって買取価格・価値は大きく変動します。その為、本サイトではより高く伊那紬の着物を売るために、複数の着物買取業者で相見積もりを依頼する事をおすすめしています。


ですが、「着物買取業者」と一言に言えど、着物買取業者はかなりの数が存在しますので、どこで相見積もりを取るかも悩まれるかと思います。その為、本サイトでは「おすすめの着物買取業者」に関しても比較ランキング形式で紹介していますので、これから伊那紬買取をお考えの方は是非参考にしてください!

ページのトップへ