紬の価値と概要、おすすめ買取業者を紹介します!
  1. 紬の価値と買取価格一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

紬の価値と買取価格、定義って?

紬の定義に悩む女性

紬というと大まかに次の2種類の意味を知っておいてください。1つは【紬糸で織られた和服の総称】、もう1つは【紬糸で織られた絹織物】です。両方ともほとんど同じ意味なのですが、前者と後者では「仕立てる前の反物」を含めるか含めないかという微妙なニュアンスの違いがあります。


正しい紬の定義というと後者の【紬糸で織られた絹織物】が正しいのですが、素人会話では前者の意味でも使用されていますよ。紬も種類によっては高い買取価格が期待できますので、是非このページで確認してください!!

紬の価値を簡単に知る方法

紬の相見積もりは大切です

このページでは紬の買取価格や種類を一覧リスト形式でご紹介していますが、素人では手持ちの紬の種類を判別する事も難しく、あくまでも紬の目安の価値と買取価格をご紹介しています。そして、紬の種類は膨大ですのですべての紬の買取価格や価値の目安を説明することも困難ですので、先に【紬の価値を正確に知る簡単な方法】をご紹介します。


ここで紹介する方法ならば、紬について全くの無知でも正確な紬の価値・買取価格を知る事ができます!


その方法は着物買取業者にメール査定を依頼するだけです。


シンプルな方法ですが、この方法は非常に合理的な方法です。紬といった着物関連商品でも写真を送れば専門家に紬を査定してもらえます。


特に、価値が高い事を知っている紬をお持ちであれば、一度メール査定にて相見積もりをしてもらう事をおすすめします。紬の買取価格は業者の在庫状況や販路に影響されますので紬の種類(作家物等)によって最も高く紬を買取してくれる業者も異なるからです

また、メール査定なら査定のみで紬の買取を簡単に断ることができるのもおすすめな点ですね♪

紬をメール査定してもらうのにお勧めの着物買取業者は次のページを参考にしてください!

紬の価値について(紬一覧)

では、紬の価値や買取価格、概要について一覧で説明していきます。

このページで説明する紬の一覧は次の通りです。

※下記の紬の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

※このページで説明している反物の価値はあくまでも買取価格の指標の一つであり、状態や証紙の有無等で価格は上下します。

紬の価値と買取価格を紹介

大島紬の価値と買取価格

大島紬
生産地:鹿児島県
糸の種類:生糸
買取における価値:非常に高い
大島紬とは鹿児島県の奄美大島発祥の絹織物で、数ある織物の中で比較してもかなり高い価値を持っています!染め方別に泥大島紬や白大島紬など様々な種類に分かれ、何マルキでも全く印象が変わります。大島紬は全ての工程に非常に手間のかかる織物ですので、その価値も非常に高いです。買取価格は7~8万前後が期待できますが、作家物などであればこれよりも高くなります。

結城紬の価値と買取価格

結城紬
生産地:茨城県・栃木県
糸の種類:真綿の絹糸
買取における価値:非常に高い
結城紬は国の重要無形文化財にも指定されている絹織物で、茨城県・栃木県が主な産地となっています。こちらも歴史の長い絹織物で、全てが手作業で作られるために価値が高く、着物買取でも高額になりやすいです。結城紬の買取価格はピンキリですが、5万円~10万円辺りは期待したいところです。

牛首紬の価値と買取価格

牛首紬
生産地:石川県
糸の種類:玉糸など
買取における価値:非常に高い
牛首紬は石川県白山市を発祥地とする絹織物で、この辺りは昔牛首村と呼ばれていたことから「牛首紬」の名が付きました。牛首紬は二匹の蚕が偶然に作り上げた"玉繭"と呼ばれるものを丁寧に手でほどき、糸を紡いでいます。糸の絡みが節となって、それが牛首紬独特の風合いを醸し出しているのです。着物買取での牛首紬の買取価格であれば、4~8万円位は期待したいところです。

米沢紬の価値と買取価格

米沢紬
生産地:山形県
糸の種類:絹糸
買取における価値:非常に高い
米沢紬は山形県の米沢盆地辺りで生産される紬で、見た目が琉球紬に似ていることから「米沢琉球紬(米琉)」と呼ばれることもあります。この名称の他にも「長井紬」や「置賜紬」ということもあり、様々な名称で愛された紬です。ひとくちに米沢紬といってもピンからキリまであり買取価格は品によりますが、5000円から2万円程度は期待したいところです。

仁田山紬の価値と買取価格

仁田山紬
生産地:群馬県
糸の種類:生糸など
買取における価値:非常に高い
仁田山紬は「桐生織」と呼ばれる絹織物ですが、仁田山紬と呼ばれていたのは大体江戸時代前期までで、今は桐生織と呼ばれる方が多いです。「西の西陣、東の桐生」と言われるほどに有名になった紬で、織り方も7種類まで存在するため、着物が違えば表情も様々です。仁田山紬は着物により技法等が異なりますので買取価格は一概にはいえませんが、大体1000円位からになります。

信州紬の価値と買取価格

信州紬
生産地:長野県
糸の種類:真綿、春玉繭などの紬糸
買取における価値:非常に高い
信州紬は伝統工芸品にも指定されている長野県発祥の紬です。信州紬も歴史の長い織物で、だいたい奈良時代辺りから織られていたとされています。地域によって上田紬や松本紬などと細かく分かれており、例えば上田紬は縞や格子柄を基調としているなどの特徴があります。信州紬の買取価格は種類によって様々ですが、1万~2万円は期待したいところです!

郡上紬の価値と買取価格

郡上紬
生産地:岐阜県
糸の種類:真綿紬糸など
買取における価値:非常に高い
岐阜県郡上八幡地方の郡上紬は、その地域で採れる植物染料を用いて何十回も染めることで独特の色合いと深みが出ている紬です。郡上紬の買取価格は2~3万円は期待したいところですが、勿論それ以上の価値を持つものもあります。特に「どぼんこ染」や「初がすり」などの生みの親である宗廣力三氏作の郡上紬であれば、値段をつけるのも困難なほどに価値の高いものもあります!

久米島紬の価値と買取価格

久米島紬
生産地:沖縄県
糸の種類:生糸、真綿など
買取における価値:非常に高い
久米島紬は沖縄県久米島を発祥地とする紬で、琉球王国時代からの長い歴史を持っており、国の重要無形文化財にも指定されています。伝統に基づいた製造工程を守りながら手作業にて生産されているため手間がかかり、伴って価値も高くなります。久米島紬の買取価格であれば、おおよそ3~4万円からは期待したいところです。

琉球紬の価値と買取価格

琉球紬
生産地:沖縄県
糸の種類:生糸、真綿など
買取における価値:非常に高い
琉球紬とは沖縄県で生産される手織り・平織り紬のことで、久米島紬や首里花織なども含めた沖縄の紬の総称として用いられることもあります。そのためひとくちに琉球紬といっても幅が広く、価値もピンキリです。また市場に出ている琉球紬は審査済のものが大半ですが織手自身が流通させた紬もあるため、価値は一概にはいえません。買取価格は5000円~は期待したいところです。

伊那紬の価値と買取価格

伊那紬
生産地:長野県
糸の種類:生糸、山繭糸、玉糸など
買取における価値:非常に高い
伊那紬は長野県で生産される紬で、他の長野内の紬と合せて「信州紬」と呼ばれることもあります。生産地の伊那谷では古くから養蚕が盛んで、通常の玉糸はもちろん二頭の蚕が作る「玉繭」や野生から採った繭なども使い、多彩な絹織物を生産していました。現在は生産量が減少し、流通量も昔ほど多くはありません。伊那紬はおおよそ2~3万円の買取価格は期待したいところです。

塩沢紬の価値と買取価格

塩沢紬
生産地:新潟県
糸の種類:生糸、玉糸など
買取における価値:非常に高い
塩沢紬は真綿を用いた絹織物ですが、麻織物の「越後上布」の技術を取り入れて製作されている紬で、だいたい江戸時代から織りはじめられたとされています。1975年には伝統的工芸品に、2009年にはユネスコ無形文化財にも指定されました。塩沢紬の買取価格は品によりかなり上下しますが、おおよそ2~3万円からは期待できそうです。

12月のおすすめ業者!

おすすめ着物買取業者スピード買取.JP
ページのトップへ