留袖の価値と概要、おすすめ買取業者を紹介します!
  1. 留袖の価値と買取価格一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

留袖の価値と買取価格、定義って?

留袖の定義とは

留袖の定義は今と昔では少々異なっています。昔の女性には「結婚したら若い頃に着用していた振袖の袖を短くし、身八口(脇の下の空いている部分辺り)縫い留める習慣」があり、それが留袖でした。要は「振袖をリサイクルして作る着物」であり、既婚女性の普段着でした。

ですが、現在は「江戸妻」と呼ばれる下半身部分に紋様が入った特別な着物が「留袖」と呼ばれ、着物の中で最も格式の高い礼装(第一礼装)として定着しました。留袖は現在では最も格の高い着物に定義されていますので、「色留袖」「黒留袖」問わず買取においても全体的に高額になりやすいとされています。

留袖の価値を簡単に知る方法

留袖の相見積もりは大切です

このページでは留袖の買取価格や種類を一覧リスト形式でご紹介していますが、素人では手持ちの留袖の種類を判別する事も難しく、あくまでも留袖の目安の価値と買取価格をご紹介しています。そして、留袖の種類は膨大ですのですべての留袖の買取価格や価値の目安を説明することも困難ですので、先に【留袖の価値を正確に知る簡単な方法】をご紹介します。


ここで紹介する方法ならば、留袖について全くの無知でも正確な留袖の価値・買取価格を知る事ができます!


その方法は着物買取業者にメール査定を依頼するだけです。


シンプルな方法ですが、この方法は非常に合理的な方法です。留袖といった着物関連商品でも写真を送れば専門家に留袖を査定してもらえます。


特に、価値が高い事を知っている留袖をお持ちであれば、一度メール査定にて相見積もりをしてもらう事をおすすめします。留袖の買取価格は業者の在庫状況や販路に影響されますので留袖の種類(作家物等)によって最も高く留袖を買取してくれる業者も異なるからです

また、メール査定なら査定のみで留袖の買取を簡単に断ることができるのもおすすめな点ですね♪

留袖をメール査定してもらうのにお勧めの着物買取業者は次のページを参考にしてください!

留袖の価値について(留袖一覧)

では、留袖の価値や買取価格、概要について一覧で説明していきます。

このページで説明する留袖の一覧は次の通りです。

※下記の留袖の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

黒留袖の定義と買取価格例

黒留袖とは地色が黒の留袖の事を指し、「黒留袖」は「色留袖」よりも格式の高い礼装とされています。着用の場は結婚式と披露宴などであり、結婚式においても新郎新婦の近親者までが着れるとされています。黒留袖は着用の場が限られているので、「紋を5つ入れる」といった決まりがあったりします。

色留袖の定義と買取価格例

色留袖とは「地色が黒以外の留袖」を指す為、「黒留袖でなければ全て色留袖」と呼べるほど定義が広いです。黒留袖と違い、江戸妻さえ入っていれば決まりがほとんどない自由な着物であり、留袖は既婚女性が着るものですが、色留袖は未婚女性が礼装として着ても問題はありません。ですが、自由とは言え格式の高い礼装ですので、場に合わせたデザインを選ぶ必要はあります。

※このページで説明している留袖の価値はあくまでも買取価格の指標の一つであり、状態や証紙の有無等で価格は上下します。

留袖の価値と買取価格を紹介

【留袖】加賀友禅黒留袖(由水十久作)の価値と買取価格

【留袖】加賀友禅黒留袖(由水十久作)
留袖備考欄:由水十久(初代)作
買取における価値:非常に高い
由水十久とは特に人物画を好んで描いた着物作家で、加賀友禅の特集が組まれると必ず由水十久の名前が出るほどに有名です。黒留袖は既婚女性の第一礼装として使用される格式高い着物ですが年代によっても柄ゆきが違ってくるため、着物買取業者の在庫などによって買取価格は上下します。こちらの黒留袖であれば有名な作家物ですので比較的高値で買取される傾向にあり、大体8万円からは期待したいところです。

【留袖】金駒刺繍黒留袖の価値と買取価格

【留袖】金駒刺繍黒留袖
留袖備考欄:金駒刺繍
買取における価値:非常に高い
金駒刺繍は金色の糸を使い下絵に沿って留めていく刺繍のひとつで、終わりに鹿革でなめし、生地に糸を密着させています。まさに結婚式等にぴったりの格式高い留袖で、さらにこちらの黒留袖でいえば手刺繍ですので価値は高く、買取価格は大体6~7万円からは期待したいところです。けれども古い金駒刺繍となると綴じ糸が切れてしまって金糸が剥がれてきますので、もし買取を検討しているのであれば劣化してしまわないうちの査定をおすすめしています。

【留袖】黒留袖の価値と買取価格

【留袖】黒留袖
留袖備考欄:手刺繍、ちりめん地
買取における価値:非常に高い
黒留袖とは既婚女性の第一礼装で、染め抜き日向五ッ紋が着いており、非常に格式高い着物のひとつです。現代でいえば結婚式で親族が着用していることが多いです。ひとくちに黒留袖といっても染めの方法や作家などで価値は様々ですが、着物そのものの情報以外でいえば、仕立て直しが出来るサイズで状態の良い黒留袖は再販売がしやすいために高価買取に繋がりやすい傾向にあります。上質な黒留袖の買取は大体4万円からは期待したいところです。

【留袖】友禅染黒留袖(森口華弘作)の価値と買取価格

【留袖】友禅染黒留袖(森口華弘作)
留袖備考欄:森口華弘作
買取における価値:非常に高い
森口華弘は友禅染の重要無形文化財の保持者でもある有名な着物作家で、特に蒔絵の美しさから着想を得た「蒔糊技法」を多く用いていることが特徴です。かつてこの技法は友禅としては脇役で目立たなかったのですが、これを重要な装飾として位置付けた意匠で一躍有名となり、独自の技法として「蒔糊」と名付けました。森口華弘作であれば黒留袖も価値が高く、着物買取では大体5万円以上は期待したいところです。

【留袖】加賀友禅色留袖(小林賢一郎作)の価値と買取価格

【留袖】加賀友禅色留袖(小林賢一郎作)
留袖備考欄:小林賢一郎作
買取における価値:非常に高い
小林賢一郎とは加賀友禅作家の重鎮である水野博から教えを受け、その柔らかな色彩と新たな感性で様々な加賀友禅を制作している着物作家です。加賀友禅は自然美に重きを置いて描かれる染めの技法で、「虫喰い」などの独自の装飾もあります。加賀友禅は染めの技法のひとつの為、「加賀友禅の留袖」も勿論存在し、その品の良さで人気があります。色留袖を売るならば作家や色柄などによって価値も変わってきますが、大体2万円からは期待したいところです。

【留袖】友禅色留袖(羽田登喜男作)の価値と買取価格

【留袖】友禅色留袖(羽田登喜男作)
留袖備考欄:羽田登喜男作
買取における価値:非常に高い
羽田登喜男は人間国宝にも指定されている友禅の作家で、加賀友禅・京友禅の両方を学び、二つの友禅を融合させた独自の装飾が高く評価されています。特におしどりの文様が有名ですが、野草や野花を豪華に描く芸術性の高さも評判が高く、京都府民を代表してダイアナ妃に振袖を贈られたこともあります。ひとくちに留袖といっても様々ですが羽田登喜男などの著名な作家であれば価値は高くなり、大体10万円からは期待したいところです。

【留袖】色留袖(訪問着兼用)の価値と買取価格

【留袖】色留袖(訪問着兼用)
留袖備考欄:訪問着兼用留袖(色留袖用の無地生地が付属)
買取における価値:非常に高い
袖に柄がありますので一見訪問着に見えますが、実は色留袖用の無地生地も付属しており、兼用で着ることの出来る着物です。色留袖は、紋の数や比翼の有無で格が変わります。こうした格の高さによっても需要があるかないかが決まってきますが、訪問着と留袖どちらでも選べるとなると見方によっては汎用性が高く着物買取業者によっては少し買取価格が変わってくる可能性もあり、この画像のような着物であれば大体2万円からは期待したいところです。

【留袖】縫い取りちりめん色留袖(訪問着兼用)の価値と買取価格

【留袖】色留袖(訪問着兼用)
留袖備考欄:縫い取りちりめん、訪問着兼用留袖(無地生地が付属)
買取における価値:非常に高い
こちらも一見訪問着に見えますが、色留袖用の無地生地があり留袖に仕立て直すことが出来ます。このような着物であれば縫い取りちりめんが元々高価なうえ、兼用出来ることでの汎用性も踏まえて買取価格は高めに期待したいところですが、色留袖自体の買取価格が作家や技法によってピンからキリまでありますので、更に兼用となると高価買取は各着物買取業者の得手不得手による所が大きくなるでしょう。

10月のおすすめ業者!

おすすめ着物買取業者スピード買取.JP
ページのトップへ