1. 黒黄八丈について
このエントリーをはてなブックマークに追加

黒黄八丈の買取価格と詳細

黒黄八丈

「黒黄八丈」とは黄八丈の一種で、黒色が中間色として用いられている黄八丈を指すことが一般的です。 黄八丈とは東京都八丈島の名産織物で、島に自生している八丈カリヤスという植物で染めることで鮮やかな黄色を出しています。 黄八丈には黄色の他、黒色や鳶色を出すことも出来、それぞれで染色に使う植物や方法も異なります。 黒色はスダジイの樹皮で染色した糸を泥染めすることで生まれる色で、鳶色はタブノキの樹皮にて染色されます。

黒い八丈絹は「黒八丈」、鳶色は「鳶八丈」と呼ばれますが、黒や鳶が使われていても黄色が主体の場合は「黄八丈(もしくは黒黄八丈)」と呼ばれることが多いです。 つまるところ、「黄八丈」とは八丈絹の総称として用いられる場合が多く、黒や鳶色が一部用いられていても黄八丈と呼びます。

「黒黄八丈」の価値はピンからキリまでありますが、全て手作業にて生まれる反物のため、価値は比較的高めです。 仕立て済みか反物の状態か、または黒黄八丈の作家や状態などにも買取価格は左右されますが、価値のある黒黄八丈の反物であれば7~8万円ほどの買取価格となる場合もあります。 特に無形文化財に指定されている山下めゆ氏、山下八百子氏などの有名な作家物であれば、上記以上の価値を持っている場合があり、一反が20万円以上で取引されたという事例もあります。

ですが泥染めを用いて染色される「黒八丈」は、どうしても糸が脆くなってしまいやすい為、古くて状態の良いものはあまり残っていないとされています。 もし黒黄八丈をお持ちで将来的な買取を検討しているのであれば、劣化してしまわないうちの買取をおすすめしています。

黒黄八丈をより高く売る方法

着物買取業者

黒黄八丈の着物の買取価格は「どの着物買取業者に依頼するか」によって買取価格・価値は大きく変動します。その為、本サイトではより高く黒黄八丈の着物を売るために、複数の着物買取業者で相見積もりを依頼する事をおすすめしています。


ですが、「着物買取業者」と一言に言えど、着物買取業者はかなりの数が存在しますので、どこで相見積もりを取るかも悩まれるかと思います。その為、本サイトでは「おすすめの着物買取業者」に関しても比較ランキング形式で紹介していますので、これから黒黄八丈買取をお考えの方は是非参考にしてください!

ページのトップへ