1. 芭蕉布について
このエントリーをはてなブックマークに追加

芭蕉布の買取価格と詳細

芭蕉布

芭蕉布とは「糸芭蕉」の繊維から作られる織物で、産地は沖縄県や奄美大島が中心で、特に大宣味村で作られる「喜如嘉の芭蕉布」は有名です。 その歴史は古く、おおよそ13世紀頃から作られていたと考えられており、交易などに使用されるほか、その質の高さから貢納や献上の品としても用いられてきました。
かつての芭蕉布は大体2種類に分けることが出来、布として織る前に綛で混じり物を取り除いた「煮綛」のほか、布の形になってから精練するものもありました。 「煮綛」の方は、沖縄の王朝時代に位の高い士族が主に着用していましたが、布にしてから精練する方の芭蕉布は庶民の夏着物として長らく愛されてきたのです。
その後明治時代に突入すると、芭蕉布に絣柄が使用されるようになり、色・柄などのレパートリーが沢山生まれました。

芭蕉布は糸芭蕉から繊維を取り出し、細く裂いたものを糸として織りあげられているため、軽くて丈夫な生地となり、風通しも非常に良い着物となります。 そのため夏用の着物として多く用いられており、現在でも様々な図柄の芭蕉布が作られています。
芭蕉布はひとつひとつ手作業にて織りあげられるため多大な手間と時間がかかりますが、その職人技は国の重要無形文化財にも指定されています。

芭蕉布は着物買取でも需要が高く、状態や技法、証紙の有無などにも左右されますが、買取価格は比較的高めです。 最高級の芭蕉布であれば5~7万円前後で買取された事例もあり、非常に珍しいものでは8万円以上の買取価格がついたというパターンもありますので、もし芭蕉布の処分を検討しているのであれば、まずは着物買取業者へ問い合わせてみることをお勧めします。
また芭蕉布の生地の特性として、丈夫で堅牢であることが挙げられるため、昔の古い芭蕉布であっても状態良く残っている場合も多いと聞きます。

芭蕉布をより高く売る方法

着物買取業者

芭蕉布の着物の買取価格は「どの着物買取業者に依頼するか」によって買取価格・価値は大きく変動します。その為、本サイトではより高く芭蕉布の着物を売るために、複数の着物買取業者で相見積もりを依頼する事をおすすめしています。


ですが、「着物買取業者」と一言に言えど、着物買取業者はかなりの数が存在しますので、どこで相見積もりを取るかも悩まれるかと思います。その為、本サイトでは「おすすめの着物買取業者」に関しても比較ランキング形式で紹介していますので、これから芭蕉布買取をお考えの方は是非参考にしてください!

ページのトップへ