1. 着物作家:小川規三郎について
このエントリーをはてなブックマークに追加

着物作家【小川規三郎】について紹介します

着物作家:小川規三郎
着物作家:小川規三郎の概要
着物の種類 博多織
出征 1936年~
出身地 福岡県福岡市
重要無形文化財認定年 2003年(平成15年)

着物作家小川規三郎に関する詳細情報

小川規三郎(おがわ きさぶろう)とは重要無形文化財の博多織の保持者であり、同じく人間国宝の小川善三郎を父に持つ作家です。 1951年より父の元で師事し数々の博多織の帯や作品を作り上げる他、現在は大学の名誉教授としても活躍し、博多織などの伝統的な工芸品の魅力を後世に伝える仕事も並行しておられます。 重要無形文化財の認定を受けたのは2003年のこと、父と同じく博多織技術の保持者として認定されました。

今では殆どの博多織が機械織りとなり分業化も盛んですが、父である小川善三郎は一切の妥協を許さず手織りにて作品を仕上げていた方で、その教えや技法も息子である小川規三郎氏がしっかりと受け継いでおられます。 小川規三郎はご自身が作り上げる博多織における製作工程の全てに携わっており、利益をあげることを望まず、ひたすらに良い作品を作り上げることを信念としている作家さんで、その人望も厚いです。 現在は博多織製作の傍ら九州産業大学の名誉教授としても務めておられるのですが、最初大学へは"もう一度学んでみたい"と、生徒としての入学を考えていたといいます。 ですが大学側の教授や学長とは既に知り合いであり、大学側からの申し出で生徒ではなく教授として勤めることになったというエピソードもあります。

小川規三郎の博多織帯であれば、良いものでは100万円以上の価値を持つ高級品で、買取価格は品や状態、織り方にもよりますが十万円単位では期待したいところです。 ですが小川規三郎は自身の作品のほか様々な品の監修も勤めておられますので、それぞれで価値は大きく異なります。 けれども価値が高いことに間違いはない作家さんですので、もし小川規三郎作の帯を売る予定であれば、複数の着物買取業者から相見積もりを取って買取価格を比較することをオススメします。

小川規三郎の着物買取をお考えなら

小川規三郎の着物の買取価格は着物買取業者の選び方次第で大きく異なります。ブランド品と異なり、オーダーメイド・一点物が基本な着物は【贅沢品】と呼ばれている事から、例えば100万円で購入しても、買取となると業者によっては1万円を切る買取価格を提示されることも往々にしてありえます。


小川規三郎のような作家の着物はもちろんの事、加賀友禅といった有名な技法を用いた着物など過去に高い金額で購入した着物を極力高く売る為には、着物を専門的に鑑定できる査定員が在籍している業者や着物の販売経路を多く持つ着物買取業者に依頼することは必須条件だといえます。


本サイトではより高く着物を売るために、複数の着物買取業者で相見積もりを依頼する事をおすすめしており、少しでも高く着物を売れるようにおすすめの着物買取業者も紹介していますので、小川規三郎の作品をはじめとした着物の買取をお考えであればそちらも是非参考にしてください。

ページのトップへ