1. 着物作家:中島秀吉について
このエントリーをはてなブックマークに追加

着物作家【中島秀吉】について紹介します

着物作家:中島秀吉
着物作家:中島秀吉の概要
着物の種類 型紙彫刻(伊勢型紙)
出征 1883年~1968年
出身地 三重県津市
重要無形文化財認定年 1955年(昭和30年)

着物作家中島秀吉に関する詳細情報

中島秀吉(なかじま ひできち)とは、数々の江戸小紋の着物を生み出す源となる"伊勢型紙"の彫刻師です。 明治から昭和にかけて活躍した作家で、昭和30年に人間国宝となり、優れた型紙を沢山世に産出してきました。

中島秀吉氏は1893年より豊田喜蔵氏に7年間師事し、その後大阪にて型紙彫刻の仕事に就き、田村駒商店や伊藤万商店にて活躍してきました。 1916年より独立し三重県鈴鹿市に工房を設立、昭和30年には伊勢型紙職人の仲間5人と共に人間国宝に認定されました。

伊勢型紙の技法は、錐彫・突彫・縞彫・道具彫の4つに分けることが出来ます。 中島秀吉氏は特に道具彫りの技術に傑出しており、洗練された端正な壁紙を多数制作し、その精巧な技術は"これが本当に人の手仕事によるものなのか"と驚くほどです。 また伊勢型紙を作る傍らで、型紙を彫るための刃物の制作にも通じておられました。

中島秀吉は厳密に言うと着物の作家ではなく、着物に美しい柄を付けるための"型紙"作家です。 型紙が一枚あればそれを元に何枚もの着物を作ることが出来るので、中島秀吉氏は人間国宝の作家ではありますが、作品の値段は比較的お手頃ではあります。 これは中島秀吉氏に限ったことではなく、他の型紙作家作の着物にも同じような傾向がありますし、さらに着物の需要が著しく低下している現代において、中古着物の買取相場があまり上がることはないのです。 これはどこの着物買取業者を利用するかによっても大きく変わってはくるのですが、中島秀吉の着物であれば買取価格は1万円前後は期待したいところです。

中古着物やリサイクル着物の買取価格は基本的に安く留まってしまうことが多いのですが、それでも人間国宝の作家物となると、作品が持つネームバリューが高く、また質が極めて良い為どこに着て行っても恥ずかしくないような逸品が多いです。 そのため需要が高く、再販先の質が良ければすぐに売れていきます。買取業者が持つ流通ルートによっても価格は大きく変わってきますので、高価買取のためには業者選びも大切になってくるのです。

中島秀吉の着物買取をお考えなら

中島秀吉の着物の買取価格は着物買取業者の選び方次第で大きく異なります。ブランド品と異なり、オーダーメイド・一点物が基本な着物は【贅沢品】と呼ばれている事から、例えば100万円で購入しても、買取となると業者によっては1万円を切る買取価格を提示されることも往々にしてありえます。


中島秀吉のような作家の着物はもちろんの事、加賀友禅といった有名な技法を用いた着物など過去に高い金額で購入した着物を極力高く売る為には、着物を専門的に鑑定できる査定員が在籍している業者や着物の販売経路を多く持つ着物買取業者に依頼することは必須条件だといえます。


本サイトではより高く着物を売るために、複数の着物買取業者で相見積もりを依頼する事をおすすめしており、少しでも高く着物を売れるようにおすすめの着物買取業者も紹介していますので、中島秀吉の作品をはじめとした着物の買取をお考えであればそちらも是非参考にしてください。

ページのトップへ