1. 着物作家:小宮康助について
このエントリーをはてなブックマークに追加

着物作家【小宮康助】について紹介します

着物作家:小宮康助
着物作家:小宮康助の概要
着物の種類 江戸小紋
出征 1882年~1961年
出身地 東京都墨田区
重要無形文化財認定年 1955年(昭和30年)

着物作家小宮康助に関する詳細情報

小宮康助(こみや こうすけ)は明治から昭和にかけて活躍した小紋作家で、繊細な極鮫文様などの細かな装飾に関する腕前が有名で、染めの発色の良さ、そして技術の高さにも評判がありました。

小宮康助は幼少期より浅草若松屋へ弟子入りし、小紋染めの型付で高い評判を得ていた浅野茂十郎に型染を学びます。 浅野茂十郎氏は、その時代の中でも特に厳しい教えで有名で、弟子の時代はかなり過酷であったと思われます。 技を習得し独立したのは26歳のとき、最初は浅草に工房を構えますが、昭和の4年に水質の関係で中川辺りへと移っています。 今まで自然染料が大半だった型染に化学染料を用い「しごき」と呼ばれる新たな手法を確立し、昭和30年に重要無形文化財の認定を受けています。 人間国宝の認定を受けるにあたり、小宮康助氏が「認定は伊勢型紙の型彫師にやってくれ」と申し出たエピソードは非常に有名で、この発言をきっかけに、同時期に優れた型彫師が6人、人間国宝に選出されました。 江戸小紋の確かな技術と着物作りへの情熱は、現在息子の小宮康孝氏へと受け継がれ、康孝氏も同じく人間国宝の認定を受けています。

小宮康助が手掛けていたのは、のちに「江戸小紋」と名付けられることになる着物で、遠目から見るとまるで無地の着物に見えるほどの細かな模様が特徴です。 江戸小紋の始まりは、その名前の通りの江戸時代にまで遡ります。

戦国時代、安土桃山と数々の戦が繰り広げられた時代のあと、少しの平和が戻り、町人文化が著しく発展したのが江戸時代です。 これまで戦ばかりだった武士も、競うように着物等を贅沢に誂えはじめたため、その状況に危機感を覚えた大名が贅沢を禁じるお触れ(奢侈禁止令)を出します。 派手で贅沢な着物を着ることが出来なくなった武士達は、遠くからは無地の目立たない着物に見えるように、細かな模様で染められた着物を好み出します。 そうして作られたのが江戸小紋で、模様が細かければ細かいほど製作には高い技術力を必要とし、その手間が贅沢の象徴で、つまり"粋"だったのです。

こうして生まれた小紋が「江戸小紋」と名付けられたのは、江戸時代ではなく昭和30年頃になります。 名付けられたきっかけとなったのは今回ご紹介した小宮康助氏で、人間国宝の認定を受ける際に、他の小紋と区別するためにこの名前が付けられたとされています。

江戸小紋は裃(当時の武士の最礼装)が発端であることから、小紋の中では唯一準礼装として着ることが出来る着物です。 そのため着物買取における需要も高いのですが、近年はプリント染め(機械捺染)を施した江戸小紋風の着物も沢山出回っており、安価でそれらしい着物を入手出来てしまいます。 ですが、だからこそ昔ながらの伝統を守って作られる着物の価値が更に際立つともいえますし、難しいところだと思います。

巨匠と言っても過言ではないほど、江戸小紋に深く携わり発展を支えてきた小宮康助氏ですので、その着物も非常に価値が高くなっています。ですが小宮康助氏の活動年から鑑みるに、現在はかなり年数の経った着物となってしまっているはずですので、その着物の状態が買取価格を大きく左右するかと思われます。 そのうえ、江戸小紋の「型紙」は一度使用して終わりではなく、その型が残っている限り何度でも繰り返し染めることが出来るので、人間国宝の作家物でも江戸小紋であれば比較的入手しやすく、希少性もそれほど高くありません。 買取価格は状態によっては数千円からとなってしまいますが、綺麗でサイズも程よく、需要が高い色柄であれば2~5万円程、あるいはそれ以上も見込むことが出来ます。

小宮康助の着物買取をお考えなら

小宮康助の着物の買取価格は着物買取業者の選び方次第で大きく異なります。ブランド品と異なり、オーダーメイド・一点物が基本な着物は【贅沢品】と呼ばれている事から、例えば100万円で購入しても、買取となると業者によっては1万円を切る買取価格を提示されることも往々にしてありえます。


小宮康助のような作家の着物はもちろんの事、加賀友禅といった有名な技法を用いた着物など過去に高い金額で購入した着物を極力高く売る為には、着物を専門的に鑑定できる査定員が在籍している業者や着物の販売経路を多く持つ着物買取業者に依頼することは必須条件だといえます。


本サイトではより高く着物を売るために、複数の着物買取業者で相見積もりを依頼する事をおすすめしており、少しでも高く着物を売れるようにおすすめの着物買取業者も紹介していますので、小宮康助の作品をはじめとした着物の買取をお考えであればそちらも是非参考にしてください。

ページのトップへ