1. 着物作家:二塚長生について
このエントリーをはてなブックマークに追加

着物作家【二塚長生】について紹介します

着物作家:二塚長生
着物作家:二塚長生の概要
着物の種類 友禅染
出征 1946年~
出身地 富山県
重要無形文化財認定年 2010年(平成22年)

着物作家二塚長生に関する詳細情報

二塚長生(ふたつか おさお)とは人間国宝に認定されている着物作家で、"白上げ"の技法によって自然の動きを捉えた抽象的な作風に定評があります。 二塚長生氏は金沢市にある加賀友禅工房にて技法を習得、昭和49年に友禅作家として独立します。 これまで学んできた伝統的な友禅技法を継承しつつも、新しい表現方法を積極的に取り入れ独自の作品を展開されている方で、その作品は高く評価されています。 重要無形文化財「友禅」の保持者に認定されたのは2010年のこと、これまでにはない独自の意匠と芸術性が評価され、人間国宝認定に至りました。

二塚長生作品の特徴として、美しい"白上げ"の技術があります。 白上げとは糸目糊置きによって白い模様を表現する友禅の技法で、江戸時代の中期に流行しました。 これまでの白上げの技法は、主に絵付けの下地を作る脇役の工程だったのですが、これを着物の意匠として積極的に用いたのが二塚長生氏です。 この表現によって自然写実をより芸術的に表すことが出来、水や風の動きを美しくとらえることに成功しました。

二塚長生氏は人間国宝の着物作家ですので、着物の需要も非常に高く、例え中古状態の着物であってもすぐに再販先が見つかります。 しかも手描きの友禅着物となると、一着作るのにも多大な手間と時間が掛かっていますので、さらに作品としての価値は高くなります。 買取価格は状態や着物の大きさ、図柄によっても変わってきますが、二塚長生の着物を売るのであれば一着で大体5万円~15万円程は期待したいところです。

二塚長生の着物買取をお考えなら

二塚長生の着物の買取価格は着物買取業者の選び方次第で大きく異なります。ブランド品と異なり、オーダーメイド・一点物が基本な着物は【贅沢品】と呼ばれている事から、例えば100万円で購入しても、買取となると業者によっては1万円を切る買取価格を提示されることも往々にしてありえます。


二塚長生のような作家の着物はもちろんの事、加賀友禅といった有名な技法を用いた着物など過去に高い金額で購入した着物を極力高く売る為には、着物を専門的に鑑定できる査定員が在籍している業者や着物の販売経路を多く持つ着物買取業者に依頼することは必須条件だといえます。


本サイトではより高く着物を売るために、複数の着物買取業者で相見積もりを依頼する事をおすすめしており、少しでも高く着物を売れるようにおすすめの着物買取業者も紹介していますので、二塚長生の作品をはじめとした着物の買取をお考えであればそちらも是非参考にしてください。

ページのトップへ