1. 袋帯について
このエントリーをはてなブックマークに追加

袋帯の買取価格と詳細

袋帯

袋帯とは、昔使われていた重い「丸帯」という帯を簡略化するために考案された帯で、表と裏に違う生地を用いて縫い合わされている形が一般的です。
かつては表裏を袋状に縫い合わせていたため「袋帯」という名前がついており、主にフォーマルで使用される格の高い帯で、おめでたい日に使う二重太鼓結びも出来る長さです。 礼装用の帯としても多く使われる種類ですので、金箔や銀糸、刺繍などが使われた豪華な袋帯も多く、留袖の他にも染め着物の訪問着や色無地と合わせて締めることも出来ます。
豪華な礼装用の袋帯の他、装飾が控えめなものは「洒落帯」または洒落袋帯と呼ばれることもあり、様々な着物に合わせて楽しむことが出来る帯となっています。

丸帯を簡略・軽量化するために袋帯が考案されたとお伝えしましたが、袋帯が生まれたのは明治時代の後期と、比較的最近のことなのです。 かつては「帯は重ければ重いほどに上等」という価値観があり、丸帯は高級品として重宝されていたのですが、締めにくさや重量感から次第に袋帯に移り変わっていきました。 長さ自体は4m余りと丸帯とあまり変わりませんが、幅が30cmほどと丸帯の半分で、その分軽くなり扱いやすくなりました。 布地も丸帯と比べて面積が抑えられるので、価格も安価で生産の効率も良かったため、明治から昭和にかけて瞬く間に袋帯が主流となっていったのです。

「袋帯」とはあくまで帯の形状のことですので価値も様々で、需要が低いと何千円かの買取価格に留まりますが、中には豪華な刺繍や作家物の袋帯となると価値は何十万円に上ることもあります。 例えば草木染の巨匠と呼ばれた「小森久」作の袋帯などは10万円を超える価格で取引された例もあり、作家や製造の違いによって価値の上下は非常に激しくなってきます。

袋帯をより高く売る方法

着物買取業者

袋帯の着物の買取価格は「どの着物買取業者に依頼するか」によって買取価格・価値は大きく変動します。その為、本サイトではより高く袋帯の着物を売るために、複数の着物買取業者で相見積もりを依頼する事をおすすめしています。


ですが、「着物買取業者」と一言に言えど、着物買取業者はかなりの数が存在しますので、どこで相見積もりを取るかも悩まれるかと思います。その為、本サイトでは「おすすめの着物買取業者」に関しても比較ランキング形式で紹介していますので、これから袋帯買取をお考えの方は是非参考にしてください!

ページのトップへ