1. 半幅帯について
このエントリーをはてなブックマークに追加

半幅帯の買取価格と詳細

半幅帯

「半幅帯」とは幅が通常の帯の半分程しかなく、他の帯と比較すると容易に結ぶことが出来る帯で、またアレンジも様々楽しむことが出来ます。 幅は大体15cm程で、半幅帯の他に"細帯"や"四寸帯"などと呼び方も様々ありますが、略式の帯のためフォーマルな場では用いられず、主に普段着の際に締めることの出来る帯です。 紬や絣着物などの普段着の着物に用いられる他、浴衣でも多く使われる帯ですので、一度は締めたことがある方も多いかもしれません。 (浴衣に使われる半幅帯は光沢がありしっかりした作りのものが多く、一般的な半幅帯とは区別されることもあります。その場合は「浴衣帯」等と呼ばれています。)

半幅帯とは帯の仕立て種類のことを指しますので、使われている装飾や素材も様々で、普段着用のカジュアルなものから、錦織や金糸・銀糸などが用いられた華やかなものもあり、社交の場で締めることが出来るような半幅帯も存在します。 ただ、格はどうしても袋帯や名古屋帯よりも下になりますので、礼装では使うことは出来ません。 ですが普段着の着物で締めるぶんには全く問題なく、結ぶのも楽・着付けの時間短縮にもなりますので、日常生活に気軽に着物を取り入れるきっかけにもなる帯だと思います。

半幅帯の価値は、他の帯と比べると素材や装飾の面積が狭く、また袋帯などのメジャーな帯と比べてしまえば需要も低くはなるため、近年あまり弾まない傾向にあります。 最近はポリエステル等の化繊が使われた半幅帯も沢山あるため、平均的な買取価格はあまり高額ではありません。 しかしひとくちに半幅帯といっても沢山の織り方や装飾があり、作り手や作家によっては非常に高い買取価格がつくこともあります。例えば帯で有名な「洛風林」の帯であれば、例え半幅帯1本でも10万の価値があると言われており、着物好きなら誰もが一度は手にしたい一級品ゆえ、何万円単位の買取価格がつくこともあります。

半幅帯をより高く売る方法

着物買取業者

半幅帯の着物の買取価格は「どの着物買取業者に依頼するか」によって買取価格・価値は大きく変動します。その為、本サイトではより高く半幅帯の着物を売るために、複数の着物買取業者で相見積もりを依頼する事をおすすめしています。


ですが、「着物買取業者」と一言に言えど、着物買取業者はかなりの数が存在しますので、どこで相見積もりを取るかも悩まれるかと思います。その為、本サイトでは「おすすめの着物買取業者」に関しても比較ランキング形式で紹介していますので、これから半幅帯買取をお考えの方は是非参考にしてください!

ページのトップへ