訪問着の価値と概要、おすすめ買取業者を紹介します!
  1. 訪問着の価値と買取価格一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

訪問着の価値と買取価格、定義って?

訪問着の定義とは?

訪問着とは、絵柄が縫い目に跨る「絵羽模様」を特徴とする着物で、大まかには略礼装着として着用することが出来ます。 訪問着は入学式や改まった茶会など着る場面も汎用性が高いため、良い訪問着であれば着物買取でも高額で買取される傾向にあります。
現在では「紬の訪問着」というものも販売されていますが、これは昔からあったわけではなく、戦後になってから新しく考え出されたものです。 着物としての格は下になりますが、紬地には大島紬のような非常に価値の高い種類もありますので、正確な買取価格は着物買取業者に問い合わせることをおすすめします!

訪問着の価値を簡単に知る方法

訪問着の相見積もりは大切です

このページでは訪問着の買取価格や種類を一覧リスト形式でご紹介していますが、素人では手持ちの訪問着の種類を判別する事も難しく、あくまでも訪問着の目安の価値と買取価格をご紹介しています。そして、訪問着の種類は膨大ですのですべての訪問着の買取価格や価値の目安を説明することも困難ですので、先に【訪問着の価値を正確に知る簡単な方法】をご紹介します。


ここで紹介する方法ならば、訪問着について全くの無知でも正確な訪問着の価値・買取価格を知る事ができます!


その方法は着物買取業者にメール査定を依頼するだけです。


シンプルな方法ですが、この方法は非常に合理的な方法です。訪問着といった着物関連商品でも写真を送れば専門家に訪問着を査定してもらえます。


特に、価値が高い事を知っている訪問着をお持ちであれば、一度メール査定にて相見積もりをしてもらう事をおすすめします。訪問着の買取価格は業者の在庫状況や販路に影響されますので訪問着の種類(作家物等)によって最も高く訪問着を買取してくれる業者も異なるからです

また、メール査定なら査定のみで訪問着の買取を簡単に断ることができるのもおすすめな点ですね♪

訪問着をメール査定してもらうのにお勧めの着物買取業者は次のページを参考にしてください!

訪問着の価値について(訪問着一覧)

では、訪問着の価値や買取価格、概要について一覧で説明していきます。

このページで説明する訪問着の一覧は次の通りです。

※下記の訪問着の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

※このページで説明している反物の価値はあくまでも買取価格の指標の一つであり、状態や証紙の有無等で価格は上下します。

訪問着の価値と買取価格を紹介

加賀友禅訪問着(能川光陽作)の価値と買取価格

加賀友禅訪問着(能川光陽作)
訪問着備考欄:加賀友禅(能川光陽作)
買取における価値:高い
加賀友禅とは金沢の友禅で、国の伝統的工芸品の指定を受けています。能川光陽は加賀友禅作家の中でも重鎮と呼ばれるほどの名作家で、空間を美しく活かした構図や繊細な筆運びに定評があり、同じく加賀友禅作家である柿本市郎の師としても有名です。特に野草の絵の繊細さが高く評価されていますが、これは能川光陽が毎朝自然の中を散歩するなかで更に鋭く養われていたそうです。能川光陽作の訪問着ならば、買取価格は2~3万円は期待したいところです。

訪問着(福田喜重作)の価値と買取価格

訪問着(福田喜重作)
訪問着備考欄:福田喜重作、松岡姫
買取における価値:非常に高い
福田喜重は和装界では有名な刺繍家で、刺繍においては唯一人間国宝の認定を受けています。微妙な色彩の変化も忠実に表現し、流れるような美しい刺繍は高い評価を得ています。福田喜重の刺繍が施された着物であれば、種類や状態にもよりますがかなりの高額が期待できます。さらに写真の着物は山形県庄内地方の上質な絹糸「松岡姫」を使用しているため価値は更に高くなり、買取価格は8~10万円は期待したいところです。

辻が花訪問着の価値と買取価格

辻が花訪問着
訪問着備考欄:辻が花
買取における価値:普通~非常に高い
辻が花は室町時代から安土桃山時代にかけて登場した絞り染めですが、江戸時代頃に廃れて消失してしまったため「幻の染物」と呼ばれることもあります。染色作家の久保田一竹が研究し再現に成功したことで、辻が花作家といえば「一竹辻が花」が最も有名です。現在では絞り染めに描絵や摺り箔、刺繍を施したものが一般的に辻が花と呼ばれています。そのため、ひとことで辻が花の訪問着といっても価値はピンからキリまでとなります。

京友禅訪問着の価値と買取価格

京友禅訪問着
訪問着備考欄:京友禅
買取における価値:普通~非常に高い
京友禅とは元禄時代に宮崎友禅斎によって考え出された染色方法で、現在でも京都の有名な伝統工芸品として非常に高い人気を誇ります。かつては手描きの京友禅が主流で価値も非常に高かったのですが、現在は技術の発達で綺麗にプリントが出来るようになったため、印刷のものは比較的安価で出回っています。京友禅の訪問着は状態や作家によっても大幅に価値が変わってきますが、手描き友禅の訪問着であれば買取価格は高い傾向にあります。

加賀友禅訪問着の価値と買取価格

加賀友禅訪問着
訪問着備考欄:加賀友禅(杉浦伸作)
買取における価値:普通~非常に高い
加賀友禅とは着物の種類ではなく、染色方法とその作品を指していますので「加賀友禅の訪問着」も数え切れないくらいに存在します。特徴としては自然に忠実に描かれており「虫食い」などの独自の装飾があることで、加賀友禅の訪問着は非常に上品で、かつ華やかな仕上がりになります。ひとくちに加賀友禅の訪問着といっても作家や作りなどによって買取価格は変わりますが、良いものであれば買取価格は5万円以上になることもざらにあります。

菱文訪問着の価値と買取価格

菱文訪問着
訪問着備考欄:菱文
買取における価値:普通~非常に高い
訪問着とは観劇や茶会の席などは勿論、紋によってはフォーマルに着ることが出来、未婚・既婚問わず着用できる着物です。 訪問着の柄も様々あり、友禅のような草花の絵が美しく描かれたもの、松竹梅の花と和製宝物の「宝尽くし文様」など様々ありますが、写真のものは菱文と呼ばれる菱形の幾何学模様が描かれています。訪問着の柄によって買取価格が左右されるということはあまりなく、主に作家や作りによって買取価格は変わってきます。

本場大島紬訪問着の価値と買取価格

本場大島紬訪問着
訪問着備考欄:大島紬
買取における価値:高い
「紬の訪問着」は戦後の着物販売復興のために業界が新しく考案した着物で、通常の訪問着とは格が異なります。紬そのものが普段着のため、紬の訪問着はフォーマルな場では着用できません。けれども良い紬であれば元々の価値が非常に高いので、着物買取でも高額査定になりやすくなっています。写真のものは本場大島紬の訪問着で、一見紬と分からないような華やかな辻が花に仕上がっており、買取価格は大体4万円前後から期待したいところです。

牛首紬訪問着の価値と買取価格

牛首紬訪問着
訪問着備考欄:牛首紬
買取における価値:高い
牛首紬は生地で釘を抜くことが出来るほどに丈夫な紬で、二頭の蚕が作り上げた「玉繭」をほどいて緯糸とするため生地には所々に節があり、これが牛首紬独特の風合いにもなっています。昔は先染めの牛首紬が主流でしたが、現在はほとんどが友禅で染めた後染めの紬になっています。牛首紬は近年売り出された機械織のもの等もあり、価値や買取価格にも差が出やすくなっています。写真の訪問着であれば買取価格は7万円程度は期待したいところです。

12月のおすすめ業者!

おすすめ着物買取業者スピード買取.JP
ページのトップへ