振袖の価値と概要、おすすめ買取業者を紹介します!
  1. 振袖の価値と買取価格一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

振袖の価値と買取価格、定義って?

振袖の定義とは

振袖の定義とは、「未婚女性が準礼装として着用する着物」です。その為、既婚女性になると「振袖」ではなく「留袖」を礼装として着用するようになります。この辺の定義は少々複雑なのですが、まとめると「振袖は若い女性が着用する準礼装の着物」といわれています。

振袖は他の着物と比べて袖が長く作られているという特徴があり、袖の長さによって呼び名と格式が変わります。「大振袖(本振袖)」「中振袖」「小振袖」という順に、長い方が格式は高いとされています。

振袖の価値を簡単に知る方法

振袖の相見積もりは大切です

このページでは振袖の買取価格や種類を一覧リスト形式でご紹介していますが、素人では手持ちの振袖の種類を判別する事も難しく、あくまでも振袖の目安の価値と買取価格をご紹介しています。そして、振袖の種類は膨大ですのですべての振袖の買取価格や価値の目安を説明することも困難ですので、先に【振袖の価値を正確に知る簡単な方法】をご紹介します。


ここで紹介する方法ならば、振袖について全くの無知でも正確な振袖の価値・買取価格を知る事ができます!


その方法は着物買取業者にメール査定を依頼するだけです。


シンプルな方法ですが、この方法は非常に合理的な方法です。振袖といった着物関連商品でも写真を送れば専門家に振袖を査定してもらえます。


特に、価値が高い事を知っている振袖をお持ちであれば、一度メール査定にて相見積もりをしてもらう事をおすすめします。振袖の買取価格は業者の在庫状況や販路に影響されますので振袖の種類(作家物等)によって最も高く振袖を買取してくれる業者も異なるからです

また、メール査定なら査定のみで振袖の買取を簡単に断ることができるのもおすすめな点ですね♪

振袖をメール査定してもらうのにお勧めの着物買取業者は次のページを参考にしてください!

振袖の価値について(振袖一覧)

では、振袖の価値や買取価格、概要について一覧で説明していきます。

このページで説明する振袖の一覧は次の通りです。

※下記の振袖の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

※このページで説明している振袖の価値はあくまでも買取価格の指標の一つであり、状態や証紙の有無等で価格は上下します。

振袖の価値と買取価格を紹介

【振袖】京友禅振袖と買取価格

【振袖】京友禅振袖
振袖備考欄:京友禅、金駒刺繍
買取における価値:高い
京友禅は白い絹織物に絵を描いて染め出したもので、京都の伝統工芸品にも指定されています。こちらの振袖は一部に金駒刺繍も施された豪華絢爛なもので、まさに晴の日にぴったりです。ひとくちに京友禅といっても価値はピンからキリまでですが「手描き友禅」であれば手間がかかるため、特に価値は高いです。京友禅の振袖の価格も技法や作家などで大幅に上下しますが、良い振袖であれば買取価格は8万円程は期待したいところです。

【振袖】加賀友禅振袖(清水千鶴子作)の価値と買取価格

【振袖】加賀友禅振袖(清水千鶴子作)
振袖備考欄:加賀友禅
買取における価値:高い
清水千鶴子とは本場加賀友禅作家で、平成9年に加賀友禅における手描部門の伝統工芸士にも認定されている著名な作家さんです。清水千鶴子が手掛ける加賀友禅には比較的草花の模様が多く採用されていますが、これは着用する人の優しさを損なわないようにするためとされています。 加賀友禅は着物の形ではなく染め方の種類ですので、勿論加賀友禅の振袖も存在しています。清水千鶴子作の加賀友禅振袖であれば5万円からは期待したいところです。

【振袖】紅型振袖の価値と買取価格

【振袖】紅型振袖
振袖備考欄:紅型
買取における価値:まぁまぁ~高い
紅型とは沖縄県発祥の染色方法のひとつで、振袖にも紅型で作られたものがあります。紅型は琉球織物のひとつですがその技法が様々な土地に渡り、そこから京紅型などの派生が誕生したといわれています。価値は本場の琉球紅型が最も高い傾向にありますが、技法も様々ありますので一概にはいえません。紅型の振袖を売るのであれば、こちらもピンからキリまでとなりますが大体5万円前後の買取価格は期待したいところです。

【振袖】正絹振袖の価値と買取価格

【振袖】正絹振袖
振袖備考欄:正絹
買取における価値:普通~非常に高い
振袖といえば昔から正絹が使用されてきましたが、近年は技術の発達によりポリエステルなどの化繊から作られた振袖も売られています。しかし着物買取においては正絹の方が圧倒的に価値は上で、ポリエステルの振袖は買取不可としている業者もあります。けれども正絹は手入れや保管が大変重要なため、保存状態によっても買取価格は大幅に上下します。正絹の振袖を売るのであれば、買取価格は2万円からは期待したいところです。

【振袖】京友禅振袖(千總作)の価値と買取価格

【振袖】京友禅振袖(千總作)
振袖備考欄:京友禅(千總作)
買取における価値:非常に高い
「千總」とは1555年からの長い歴史を持つ京友禅の老舗で、昭和33年の皇太子明仁親王成婚の際には様々な調度品の受注も受けています。千總の着物は百貨店呉服の中でもかなり高級な部類に入り、「千總の着物はベンツ」だと言う人もいるほどです。千總の高級着物の中でもやはり価格差はありますので一概にはいえませんが、こちらの振袖のような着物であれば、大体10万円前後の買取価格は期待したいところです。

【振袖】正絹振袖(縮緬)の価値と買取価格

【振袖】正絹振袖(縮緬)
振袖備考欄:縮緬地
買取における価値:普通~非常に高い
振袖とは未婚女性の第一礼装で特に成人式のイメージが強いですが、卒業式の袴姿でも「小振袖」という袖の短い振袖が着られています。ひとくちに振袖といっても京友禅や紅型など様々な着物の種類があり、さらに振袖の中でも格があり使用する生地の量も異なるため、振袖の買取価格はその品により本当にピンからキリまでです。現代の振袖はインクジェットでのプリントも多いので、昔ながらの染色方法を用いた振袖は以前よりも貴重になりつつあります。

【振袖】振袖(藤井寛作)の価値と買取価格

【振袖】振袖(藤井寛作)
振袖備考欄:振袖(藤井寛作)
買取における価値:非常に高い
藤井寛とは下絵師の家に生まれた友禅作家で、皇太子妃殿下の振袖や秋篠宮妃殿下の訪問着などを数々手掛けています。その美しさが評価されているのは着物だけでなく、京都府の法輪時本堂に28枚の手描き友禅の天井画を奉納したことでも有名です。 藤井寛は皇室の訪問着物も数多く制作した有名作家ですので、振袖の価値も非常に高く、買取価格は大体7~10万円からは期待したいところです。

【振袖】辻ヶ花振袖(久保田一竹作)の価値と買取価格

【振袖】辻ヶ花振袖(久保田一竹作)
振袖備考欄:辻ヶ花(久保田一竹作)
買取における価値:非常に高い
辻ヶ花とは室町時代から安土桃山時代にかけて現れた絞り染めの技法のことで、江戸時代辺りに一度廃れてしまったため、幻の染物と称されることもあります。そんな辻ヶ花の復刻の為に研究を繰り返し、再現に成功した作家が「久保田一竹」氏です。久保田一竹の独自の技法は一竹辻が花と名付けられ、今では世界各国からも高い評価を受けています。久保田一竹作の辻ヶ花振袖であれば、大体10万円からの買取価格は期待したいところです。

10月のおすすめ業者!

おすすめ着物買取業者スピード買取.JP
ページのトップへ