着物の店頭買取
  1. 着物店頭買取
このエントリーをはてなブックマークに追加

着物買取には店頭買取含めて売る方法が3つある

着物の買取方法

着物の買取方法は次の三つの買取方法に分けることができます。

  • 買取店へ着物を持ち込む【店頭買取】
  • 着物を宅配して売る【宅配買取】
  • 査定員に出張してもらう【出張買取】

このページは着物の店頭買取各買取方法について特徴やメリットデメリットを詳しく説明していきます。


ですが、私自身の経験からいうと着物の店頭買取は全くお勧めできません!


このページで着物の店頭買取がおすすめできない理由についても説明していきます。また、着物の出張買取や宅配買取に関する詳細は下記ページよりご覧ください。

また、以下のページでは私の経験からご紹介するおすすめの着物買取業者を一覧でご紹介していますので、着物買取をご検討の際にはそちらもご覧ください。

着物の店頭買取における特徴

着物店頭買取の流れ

店頭買取

着物での【店頭買取】は、言葉の通り買取業者の店舗へ着物を持ち込んで買取してもらう買取方法で、その大きな特徴は「自分で店に赴く」「自分で着物を持ち歩く」という2点です。現在では経費削減のために買取店舗展開を行っていない買取業者もある為、全ての買取業者で店頭買取を依頼できるとは限りません。ちなみに、「買取業者の無店舗経営」は別に珍しい事ではなく、現在の時代背景からいうとコスト削減のためには非常に合理的と言えます。

では、着物の店頭買取の流れについてご説明します。

  • 1:店頭へ着物を持込(飛び込み可)
  • 2:その場で査定、金額提示をしてもらう
  • 3:買取成立なら現金を受け取り終了
  • ※金額に納得できなければキャンセルをする事はもちろん可能ですが、その場合着物は自分で持って帰る必要があります。

それでは、各ステップについてもう少し詳しくご説明していきます。

ステップ1:店頭へ持ち込みについて

まず、気になるのは買取業者へ予約しなければならないのかという点ですが、飛び込みでも対応してもらえます。ですが、予約をする方がスムーズに買取査定を受けられるので、基本的には予約をするべきでしょう。また、店舗に行く前に注意が必要なのは、店頭でも着物の買取を行っているのかを確認した方が良いです。基本的には店頭にいる査定員はブランド品や宝飾品に関する査定員がメインですので、そもそも着物の査定ができない、もしくは着物買取は店頭で受け付けていないという可能性もあります。


ですので、店頭へは一度電話で確認してから赴くことをおすすめします。

ステップ2:その場で査定、金額提示をしてもらう

店頭で査定をしてもらいますが、基本的には査定が終わるまでその場で待機します。枚数にもよりますが査定には5~10分もあれば金額まで教えてもらえます。

ステップ3:買取成立なら現金を受け取り終了

金額に納得すればそのまま契約書にサインと押印をし現金を受け取ります。契約の際には、「身分証明書」と「印鑑(認印)」が必要です。金額に不満があればキャンセルも可能ですが、その際には品物を持ち帰らなければなりません。


以上が着物の店頭買取に関する流れです。実際にやってみると持ち込む手間を除けば10~20分あれば十分に完了できる買取方法ですよ!

着物で店頭買取を選ぶメリットとデメリット

着物店頭買取のメリット一覧

店頭買取の大きなメリットは「外出のついでかつ手軽に買取を行える」という点と、「やり取りが楽」という2点が挙げられます。この二点について詳しく説明していきます。

メリット1:外出のついでかつ手軽に買取を行える

店頭買取は飛び込みでも対応してくれますし、量が少なければそれこそ10分もかからない時間で現金受け取りまですすめられるので、ブランド小物ような「単品かつ高額かつ持ち運べるもの」であれば外出予定に合わせてついでに買取をしてもらえるのが最大のメリットです!

メリット2:やり取りが楽

この点は出張買取のデメリットと逆の事が言えますので、こちらの着物出張買取についても参考にしてください。店頭買取はこちらから店舗へ行くので、席を立つだけで簡単に帰れる・・・つまりはキャンセルがしやすく、また自分の持って行った品物以外は物理的に売る事が不可能なので「もっと品物を売ってくれ」と詮索される事がありません。


これらが着物の店頭買取におけるメリットと呼べるものなのですが、正直な話、着物に関してはブランド小物の様な手軽に運べるものではありませんし、例えば店頭での買取拒否をされた場合は、再度きれいに畳んだうえで持ち帰らなければなりません。


そして、やり取りの楽さと言っても宅配買取の方がさらに楽である事から、着物の店頭買取における大きなメリットはあまりありません。

着物店頭買取のデメリット一覧

店頭買取はデメリットは「持ち運ぶ必要がある」「相見積もりが手間」「査定が低くなりがち」などが挙げられ、着物買取ではまずおすすめしない買取方法です。
これらのデメリットについて詳しく説明していきます。

デメリット1:持ち運ぶ必要がある

ブランド小物数点くらいであれば問題ありませんが、着物はしわになるリスクもあり、枚数が多ければ重くもなります。また、着物は広げて査定する必要があるので枚数がそこそこあるだけで店頭での拘束時間も非常に長くなります。キャンセルや買取不可となると、再度畳む手間も必要なので膨大な時間がかかります。

デメリット2:相見積もりが手間

着物を高く売る為に合い見積もりを取ることは非常に重要ですが、店頭買取では一社でも多く査定してもらう事は大変な労力も時間も必要になります。持ち運ぶ事が大変な着物の場合、店頭買取は合い見積もりを取ることに全く向いていません。

デメリット3:査定が低くなりがち

店頭買取の場合は「基本的に査定価格が低くなりがち」というデメリットがあり、これはお客側が「合い見積もりを取りづらい事」や「持ち帰る手間」を考えると、安い金額での買取交渉がしやすいからです。お客側も交渉は可能ですが、着物の知識や交渉スキルに長けていない限りは期待はできないでしょう。また、合い見積もりを取るつもりで多大な労力を費やすのも、着物という持ち運びも少し手間で査定に時間がかかるという性質上、得策とは言えません。

着物で店頭買取はおすすめしません!

着物での店頭買取は選ぶメリットが特になくデメリットが多いのでおすすめしません。「ブランド小物を数点」の様に手軽に持ち運べる不用品を売りたい場合、もしくは近所に買取店があり、そこで処分しても良いと考えられる場合以外はおすすめしません。


着物買取ならばやはり出張買取がおすすめです。しかし、これはあくまでも私の体験上からおすすめする方法ですので、最終的にはあなたが良いと思う方法で依頼すると良いと思います。


また、着物買取をお考えであれば、このページ以外にも下記ページで紹介している「おすすめ着物買取業者」や「少しでも高く着物を売る方法」も是非参考にしてください!

12月のおすすめ業者!

おすすめ着物買取業者スピード買取.JP
ページのトップへ