着物の宅配買取
  1. 着物宅配買取
このエントリーをはてなブックマークに追加

着物買取は宅配買取を含めて3つの方法がある

着物の買取方法

着物の売る方法は次の三つの買取方法に分けることができます。

  • 着物を郵送して売る【宅配買取】
  • 自宅に出張してもらう【出張買取】
  • 店頭へ着物を持ち込む【店頭買取】

このページでは上記3つの着物買取方法の中でも【宅配買取における】流れやメリット・デメリット、特徴などをご紹介します。

ですが、作者の経験上からは出張買取が最もおすすめです!


ここでは宅配買取についてご説明しますので「出張買取」と「店頭買取」に関する詳細は下記ページをご参考ください。

また、以下のページでは私の経験からご紹介するおすすめの着物買取業者を一覧でご紹介していますので、着物買取をご検討の際にはそちらもご覧ください。

着物の宅配買取の特徴について

着物宅配買取の流れについて

宅配買取

着物の宅配買取とは言葉通り「着物を買取業者へ郵送して買取をしてもらう方法」で、宅配買取の大きな特徴は「業者と会う必要がなく、郵送だけで買取を完了できる」という点です。実際の流れも非常に簡単です。

  • まずは業者に問い合わせをする
  • 宅配キットが送られてくるのでそれで着物を郵送する
  • 後日契約書も郵送しお金を振り込んでもらい取引完了
  • ※キャンセルすると着物は着払いで返送してくれます

要は、着物を業者宛に送れば買取が完了できるという事です。ここに書いてある「宅配キット」とは、「段ボール」「プチプチ(緩衝材)」「記入済み伝票」「申込書」「ガムテープ」といった、着物の郵送に必要なものが一式揃ったセット(業者によってセット内容は多少異なる)の事です。では、宅配買取の流れに沿って申し越し詳しくご説明していきます。

ステップ1:問合せ時点での注意点

まず、気になる買取業者に電話かメールで「宅配買取希望」と問合せますが、その際には最低買取希望する着物や品物の量は把握しておきましょう。着物の種類や作家、技法に関しても把握していれば尚良いですが、どれくらいの段ボールが必要なのかが相手に伝わるくらいは把握しておきましょう。そのほかに関しては問合せ段階でオペレーターが電話でもメールでも案内してくれますので、案内に従えば大丈夫です。

ステップ2:宅配キットで着物を郵送する

現在の宅配買取を行っている買取業者であれば、まず宅配キットは用意して貰えますので、問合せから数日で送られてくる宅配キットに送るべき品物を梱包していきます。普通は業者側が送料を負担しますので、郵送料は無料です。梱包が終わりましたら集荷サービスを利用して取りに来てもらいましょう。

ステップ3:後日契約書を郵送し買取完了

郵送後数日で査定結果が出ますので、買取に納得すれば契約書を郵送してもらい、記入の上返送して数日後、入金を確認すれば宅配買取は完了します。もしキャンセルする場合は品物を返送してもらえますが、返送料に関してはお客側負担の場合が多いです。


以上が着物の宅配買取に関する流れです。実際にやってみると非常に手軽な買取方法ですよ!

着物で宅配買取のメリットとデメリット

着物宅配買取のメリット一覧

宅配買取の大きなメリットは「業者に会わなくてよい」「時間が最も自由」「手間も手数料もほとんど不要」という3つが挙げられます。

メリット1:業者に会わなくてよい

宅配買取はメールのやり取りだけでも完了することが可能です。「メールで問い合わせ」をして「宅配キットを貰って郵送」し「後日契約書を送る」、買取業者に対してイメージがよくなく、営業マンや査定員とはなるべく会いたくない方にとってはかなり大きなメリットです!

メリット2:時間が最も自由

予定日を決める出張買取とは異なり、宅配買取では「大体いつまでに郵送する」という事だけ伝えて宅配キットを貰えば、あとは自分の都合の良いときに梱包作業をすればよいだけです。発送に関しても集荷サービスを利用できるので、自分にとって都合のよい時間に依頼すればよいだけです。自分が発送するかどうかだけの問題なので、時間に追われる必要がなく忙しい方にとっては非常に大きなメリットでしょう。

メリット3:手間も手数料もほとんど不要

梱包に必要な「宅配キット」も着物買取業者が品物に合わせて用意してくれ、発送に関しても集荷サービスがありますので、実質必要な作業は業者とのメール(電話)と梱包作業くらいです。費用に関しても買取業者の宅配買取は基本的に着払いですので発送費用が不要です。必要な費用といえば、キャンセル時の返送料が必要になるかもしれないくらいです。(返送料の有無は業者ごとにかなり異なりますので自分で」確認しましょう)

着物宅配買取のメリット一覧

宅配買取のデメリットは「買取完了までに時間がかかる」「直接交渉ができない」「不用品の処分ができない」が挙げられます。これらのデメリットについて詳しくご説明します。

デメリット1:買取完了までに時間がかかる

宅配買取は「宅配キットの郵送」「品物の郵送」「契約書の郵送」「振り込み完了」の4ステップが基本的には必要ですので、他の2つの買取方法は即日で買取完了ですが、宅配買取では1~2週間は最低でも必要です。早急な現金化が必要な場合は絶対におすすめできません!

デメリット2:直接交渉ができない

そして、直接交渉ができない点も人によってはデメリットですね。私は過去に出張買取を依頼しましたが、直接交渉という名の粘りによって買取価格はかなり上がりましたし、見えないところで査定をされるのはちょっと不安に感じます。また、前述のようにやり取りに時間がかかり、着物買取業者側も宅配買取は出張買取と比べてコストがかからないので、基本的な査定価格は低めになりがちといわれていて、出張買取よりも買取価格は期待しづらいでしょう。

デメリット3:不用品の処分ができない

断捨離目的など「不用品の処分」も目的とした買取依頼の場合は宅配買取は一切おすすめできません!宅配買取では買取業者側も品物が多くなるほど送料や必要な宅配キットの量も増え、コストが上がりますので極力買取したい品物だけしか郵送を許してくれません。ですので、例えば「ノーブランド食器」や「中古家電」、「古着」などほとんど価値の見いだせない品物は郵送を断られてしまいます!

着物で宅配買取は選択すべきか?

実際の体験からですが、私は着物買取では出張買取が最もおすすめだと考えています。

ですが、着物の宅配買取には宅配買取ならではのメリットもあり、特に日常的に忙しくまとまった時間あまりとれない方であれば自分の時間を最も優先でき、やり取り事態も非常に気楽な買取方法ですので、とりあえず着物だけを処分する目的で宅配買取を希望する事はおすすめです!

宅配買取を選択するにしてもメールで大丈夫ですので2~3社で相見積もりを取ることで買取価格も期待ができますので、着物で宅配買取を希望する際には下記のページで紹介している「おすすめ着物買取業者」や「少しでも高く着物を売る方法」も是非参考にしてください!

12月のおすすめ業者!

おすすめ着物買取業者スピード買取.JP
ページのトップへ